<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
窒素、酸素、炭素。この中で空気中に一番多く含まれているのは?
「ポイズン」
 声が聞こえる。
 若い、自分と同じ年頃の少年の声。
 こんな冷凍庫の中に、どうやって入って来たのだろうか?
 ただ者では無い。
「・・・あ、今は一樹君か」
 そっと顔を上げて、声の主を見た。
 自分の名前を知っているのだから、知り合いかと思ったのだが、そうではない。
 どこかで見覚えがあるのだが、どこだか思い出せない。
 そんなに印象が薄い顔でもない。
 どちらかというとテレビに出そうな、精悍な顔つき。
 痩せてはいるが、弱い感じがしない。
 むしろ、どっしりと貫禄がある。
 そのギャップがおかしい。
 が、笑いは起こらない。
 顔が寒さで強ばってしまっているようだ。
「ポイズン・・・?」
 意味は、毒とか、そういうものだっただろうか。
 頭の中身も凍り付いて、考える能力というのが低下している。
 相手は訝しがって、自分の顔を見た。
「デッドリィ・ポイズン。君はそう呼ばれるようになる・・・けど、何も知らないみたいだな」
「・・・?」
「知らないなら知らないと言えばいいさ」
 一体全体、どこの誰なのだろうか?
 その答えは、すぐに返ってきた。
「名前は、ナイトルジェン。ナイトと呼んでもらっても構わない。意味は窒素」
「窒素・・・?」
 ますますわけがわからない。
「そう、窒素。空気中に最も多く含まれる気体だ」
 何の用があるのだろう?
 窒素という名の少年は、あっけらかんと目的を言った。
「君の家族を守る代わりに、君の存在を過去から消す。その為に僕はここに来た」

  *  *  *
ハイ、変な人登場です。
ただの黒小説から、展開する為の登場人物です。
「黒小説が好きなんだっ!」って人は、こいつをフィルターにかけてください(
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-29 19:23 | 小説
まっくろくろすけでておいで〜(?
 散々扉を蹴っている内に、弟の目が覚めてしまった。
「良太!」
 慌てて駆け寄った兄を見て、にっこりと微笑む。
 少しだけ、気持ちが和らいだ。
「そうだ、大丈夫だ・・・きっと、助けに来てくれるさ・・・」
 少年は、弟を抱きかかえる形で、寝転がった。
 できるだけ体温が下がらないように。
「眠っちゃ、ダメだ・・・」
 呟くように話し掛ける。
 周りの状況などお構い無しに、腕の中で無邪気に笑う弟。
 憎たらしくなってくる。
 細い首に手を伸ばして、強く握るだけで簡単に殺せてしまうだろう。
 若しくは、手刀をお見舞いするだけでも。
「何考えてるんだ、俺・・・」
 そんなことが出来るわけがない。
 今浮かび上がって来た邪念に寒気が加わる。
 馬鹿だ。
 迷いを察知したのか、弟の表情が急に堅くなる。
「大丈夫だよ、良太。心配無いって・・・」
 弟に言っているというよりは、自分に言い聞かせているようだった。
 それでも彼の表情はパッと明るくなる。
 何やら少し、暖かいような気がした。
 心の底から、奇妙な物が沸き上がってくる。
 ただ、赤ん坊を抱き寄せる。

  *  *  *
桜姫さん、画像どうもです。
けど、私はこんなに綺麗じゃないです(
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-28 18:59 | 小説
黒小説(黒と書いてグロと読み(ません
 遠くの悲鳴が聞こえていた。
 何だろう? 豚? そういう感じの動物の声だった。
 先程から頭が痛い。
 身体が重い。
 体重はそんなにある方ではないので、疲労によるものだろう。
 今日は、月曜日だったか?
 いや、日曜日だったかもしれない。
 その辺の感覚が麻痺している。
「う、あ・・・」
 目を覚ました。
 身体を持ち上げる。
 周りを見回す。
 近くに、赤ん坊がいるのがわかった。
 すやすやと眠っている。
(良太・・・だよな)
 重い身体を引きずるようにして移動し、小さな顔を覗き込む。
 実の弟だ。
(えっと、ここは一体・・・?)
 家ではないのは、明らかにわかる。
 こんなに暗くない。
 床に弟を寝かしたりしない。
 何よりも凍てつくような寒さだ。
 まるで冷凍庫の中に入れられているような・・・。
 冷凍庫・・・?
「なっ!」
 棚に囲まれている。
 魚介類が、袋に入れられて凍り付いている。
 扉は鉄のように重そうだ。
 吐く息が白い。
 急に寒気がしてくる。
 一気に体感温度が下がっている。
「畜生! ここから出せ!」
 扉を叩く。
 鍵がかかっている。
 無駄な努力だとしても、何もしないよりはマシだ。

  *  *  *

兄弟パート。
簡潔な文章を目指しました。
縦の長さ程に長くない筈です、ハイ(

 >桜姫さん
コメントどうもです。展開が遅いのは悪い癖です(
このままグロ路線に突っ込んで行くので、付いて来れるだけ付いて来て下さい((
吐くのだけはやめてね(
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-27 20:52 | 小説
※この小説には動物虐待的な表現が含まれております。
「楽しみですねぇ、アニキ」
「想像するだけで堪らない・・・」
「いひひひひひ・・・ちゃんと動くんだろうな、この機械は」
「本番一発でも、大丈夫でしょう。計算上ではね」
 若い男3人と、そのリーダー格と思われる男が、工場の中に姿を現した。
 おかしいのは、1匹の豚を引き連れていることである。
 ペットと言うには、雰囲気が違い過ぎる。
 家畜。
 扱いの酷さから見て、そうだろう。
 ——ここは、山奥の小さな工場。
 明日の為に、何年も費やして作られた機械が、中央に鎮座している。
 まるで、豚肉やら牛肉やらを挽肉に変える、ミンサーの巨大版のような・・・
「試しに、動かしてみます?」
 眼鏡の男が、機械に飛び出ているレバーに近づいて、言った。
 レバーは、機械に反比例するように小さい。
 リーダー格の男が、腕を組んで「いいだろう」と頷くと、勢い良くレバーが下ろされた。
 動き出す機械。
 中では、肉を引き裂くカッターが何枚も回転している。
 潰す為のハンマーが上下する。
 ドリルのような物が、出口でゆっくりと回っている。
 すべてが透明になっていて、外からでも様子がわかるようになっていた。
「入れるぞー」
 工場に入ってから最初に口を開いた男が、連れてきた豚を機械に放り込んだ。
 虚しい叫び声が、工場に響く。
 カッターは何度も何度も、肉を潰した。
 男達は、ただ無感動にその様子を眺めていた。
「今日の昼飯は、コロッケかな・・・」
「いや、メンチカツだろう」
 ボール一杯に作られた豚挽肉を見て、彼らは低く笑った。

  *  *  *
まだまだ序の口です。
・・・人格否定しないで下さい。
飛ばし読みしても結構です。
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-26 15:04 | 小説
実験的小説執筆中。
 彼は強かった。愛する者を助けることができたのだから。
 もし、生きていたら、友達になれたかもしれないな。
 実に惜しいことをした。

  『デッドリィ・ポイズン』

 ちょうど、『悪魔666』というレポートの中でいう、5日目にあたるこの日。
 彼らとは離れた場所で、この事件は起こった。

 ——家族全員が突然、いなくなった。
 “植野一家失踪事件”
 普通の賃貸マンションに住む5人家族に、どこもおかしな所はなかった。
 父親は中小企業に勤める営業マン、母親は地域活動に励む主婦。
 今年で、高校生になる長男一樹。
 近くの小学校に通う長女、涼子。
 まだ生まれたばかりの次男、良太。
 至って平凡。
 家賃未払い、借金などといった、夜逃げの主な原因も見られない。
 争った痕跡もない。
 丸っきり、住んでいる人間だけが消えてしまった状態だ。
 手がかりといえるようなものもなく、捜査は難航していた——

  *  *  *

ここから先、グロかったりエグかったりするので、小説掲示板で公開しようか迷ってるんですね。
だから、ここで連載しようと思います。
ちょうどコメントも貰えていいかな。

ええと、続き読みたい方コメント待ってます(
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-24 21:27 | 小説
in the Odaiba.
パナソニックセンター行ってきました。
MOTHER3がありました。(任天堂ブース
わぁーい。

DSは、なんかCMでやってた⋯⋯
国語辞典と英和辞典がセットになった奴が滅茶苦茶やりたいです。
その為にDS買ってもいいです!((
あと、英語漬けもやりたいです。

で、結局何がやりたくて行ったのかというと。
パソコンをしに行きました。 わざわざゆりかもめ乗って(
「家にもあるだろうが!」とか言われそうですが、友達に付き合っただけです。

別所からチャットに参加するってのも新鮮でいいですね(

 >machさん
恋愛小説なんて書けません。無理です。
十二単を着た主人公って、どういう設定ですか( 平安貴族?
リンクどうぞ〜。こっちからは方法がわからないんでごめんなさい。
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-22 18:08 | 日常
選択授業。
なんか最近書いてないんで、更新。
選択授業ですってよ。

3年からは座学(英語除く4教科)も入って、迷います。
で、私は何を選んだか? 国語ですよ国語(
詩や小説を書くらしいです。私の為にあるようなもんです((

実技系の方は、音楽選びました。
文化祭で吹かないといけないんですが⋯⋯まぁ、それはそれで(

まだ希望を採っている段階なので、決まってませんが⋯⋯
第1希望で決まって欲しいです。ハイ。
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-21 17:06 | 日常
あとがき調の文章。
 昨夜見た夢は、死んだ筈の曾お婆ちゃんが出てきました。
 父親の方も、母親の方も、現実ではお亡くなりになられたのですが。
 夢の中では、(病室の中で、ですが)ちゃんと生きてました。

「汝の心中で、我生き続ける」なんつって。
 そんなに思い出があるわけじゃないんですが。
 ってか、行く度にお小遣い貰ってた記憶しかないんですが。

 なかなか人の死って、納得いかないもので。
 しょうがなく、財布が一個消えたものだと考えるしかなくて。
 友達にそう言ったら、「酷い」と言われましたが。

 今書いている小説のいくつかは、自分でも気付かないほどに深い場所で、静かに眠っている悲しみが、言葉によって具現化したものなのではないかと思っています。

 どこか悲しい感じになってしまうのは、そういうことなんじゃないかと。
 無闇矢鱈に人が死んだりするのは、日々のストレスなのかもしれません。
 それを「膿」だと言った教師が居りましたが、大体合っているような気がします。

 御静聴、ありがとうございました。
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-16 10:05 | マイブーム
気付いたこと。
本日の授業は、数学と理科と英語でした。
新学期に入ってから、国語と社会がやってません。
なんか好きな教科を先延ばしされた感じです。

1時間目、数学。
 平方根とかいうのをやるらしいです。
 “目に見える数字”のラストを飾ります。
 高校に入ると、“目に見えない数字”をやるらしく、そこでつまずく人が多いとか。

2時間目、理科。
 なんか『運動』についてやっていくそうです。
 速さの公式が出てきました。それって算数じゃないの?
 新しい先生なのですが、本当にせっかちです。ありがとうございました。

3時間目、英語。
 本日、一番の大発見。
 教科書の話が、なんか重たいなぁ⋯⋯と思っていたら。
 著作関係者の中で、
 原作 重松清
 ですって。
(知らない人は、ググってみよう! 結構有名な作家さんだよ!)
 おかげで勉強する気が出てきました。

 その後は、修学旅行についてなんで省略。
 ちょっと悲しい出来事があったので省略。
 (´・ω・`) 京都に行く気が失せてきたよ。
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-13 20:41 | 日常
遂に⋯⋯
念願の、
MH2買いました!
(モンスターハンタードス、ですよ)

早速、ドスランポスをハンターナイフで滅多切りしましたとさ。
大剣が好きなのですが、太刀と迷いますね⋯⋯。
うーん⋯⋯。

ポータブルユーザーとしては、結構使いづらかったり使いやすかったり。
双剣はかなりやりやすいようですね。

てなわけで、次は、ドスファンゴを倒します!
[PR]
by cherry-blossom928 | 2006-04-09 22:17 | マイブーム